遺品整理を自分で行う場合のメリットとデメリットとは?

遺品整理

遺品整理というのは、亡くなった親族の遺品や荷物などを片付ける作業なので、もちろん自分で行うことができます。

今回の記事では、遺品整理を自分で行う場合、どのようなメリットとデメリットがあるのか、ご紹介したいと思います。

>>遺品整理業者を探す

遺品整理を自分で行う場合のメリットとデメリット

メリット

費用があまりかからない

一番大きなメリットは、費用があまりかからないということです。

業者に依頼して一番費用がかかるのが人件費ですから、自分で片付ければその人件費を浮かすことができます。

ただし、遺品を処分する際に出たゴミを廃棄するためにはお金がかかる場合があります。

遺品の区別がしやすい

遺品にはその家族や親族でなければ知ることのない思い出があります。

業者はそのような思い出を考えずに淡々と仕事をこなすだけですから、その遺品が大切な思い出のある品なのかを見極めずに処分することがあります。本来、残しておきたい遺品を処分されてしまうということを防ぐことができるのも、自分で行うメリットとなります。

亡くなった祖父の遺品に驚きの価格が!?【遺品整理の高価買取】
親族の遺品整理をしていると、処分するものもあれば、価値のある遺品が数多く出てくる場合があります。 中には生前に集めていた骨董品や切手、着物などに高額な値段がつく場合があります。 私の場合ですが、祖父と祖母が亡くなった後、空き家と...

トラブルになりにくい

業者の中には悪質な業者がいることが知られていますので、もしそのような業者に依頼してしまうと、高額な請求をされたり、遺品の買取りを不正に行ったりされることがあります。

デメリット

時間がかかる

遺品を一つ一つ仕分けする作業をしていると、必ず思い出にふけってしまい、なかなか作業が進まないことがあります。

写真やアルバムなどが出てきたら、その写真を見たりするとあっという間に時間が経ってしまいます。

業者に依頼すれば、思い出にふけることなく淡々と作業してくれますので、スピーディーに片付けることができるでしょう。

もし、期日までに物件を引き渡さなければならない場合は、自分で作業していたら間に合わないことがありますので、期日が決められている場合は早めにとりかかるか、業者に依頼してしまう方が良いかもしれません。

仕分けができない

思い出の品を仕分けするのは大変な作業です。

何を処分して、何を残すべきかの判断に手間取ってしまい、とりあえず残しておくことも多く、なかなか整理できないことがあります。

大型家具や荷物の移動ができない

もし自分ひとりで遺品整理をしているのであれば、大型家具を運んだり処分する場合、運ぶ出すことができない場合があります。

家具などを運ぶ必要があれば、あらかじめ複数人で作業することをお勧めします。

処分したゴミの分別や処分が困難

遺品整理するとかなりのゴミが出ますが、ゴミはその地域の自治体で定められたゴミの分別ルールがありますので、もしその地域に住んでいない人がゴミの分別をするのはかなり困難になるでしょう。

また、大量のゴミが出る場合がありますが、それをまとめて処分するにはトラックなどが必要になります。レンタカー等でトラックを借りたり、一般廃棄物処理場などに持ち込むと料金がかかる場合があります。

遺品整理後の清掃が困難

遺品整理がやっと終わっても、その物件を引き渡す場合は、ある程度の清掃が必要になります。

家中の清掃となるとかなりの労力がかかりますので、一人では難しい場合があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

遺品整理を自分だけで行うのは、かなりの作業労力と時間がかかります。

遺品整理を自分で行うつもりでこの記事を読まれた方もいらっしゃると思いますが、やはり自分で行うのは限界があると思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

業者に依頼する場合の注意点

先ほど述べましたように、遺品整理業者には悪質な業者も存在するのは確かです。

遺品整理業界は国民生活センターなどに毎年2500件以上の苦情や被害報告が入っていると言われています。

法外な金額が請求されたり、遺品が盗難されたり、回収したゴミを不法投棄したり、適正な買取りを行わなかったりする業者が少なからずいるそうです。

ですから、もし業者を選ぶ際には、次の条件をクリアしている業者を選ぶことをお勧めします。

●遺品整理士の資格を有している業者
●遺品整理士認定協会が認定した優良業者
●見積り後の追加料金を請求されない業者

みんなの遺品整理

「みんなの遺品整理」は、全国220社以上の業者から無料で一括で見積もり依頼ができるサービスです。

登録業者は、上記の審査をクリアしている業者のみなので、安心して依頼することができます。

もし自分で遺品整理ができないという方は、一括見積もりだけでも依頼してみてはいかがでしょうか?

遺品整理業者はすべて同じじゃない?優良な遺品整理業者の見つけ方
近年、テレビなどでもよく耳にするようになった「遺品整理」という言葉。 高齢化社会の現代にあって、人はいずれ愛する父親や母親の死を迎えることになります。 中には一人暮らしの親が誰にも見送られることなく、独り寂しく旅立ったという例も...