ベッド・タンス・バッテリー・洗濯機・学習机など粗大ゴミの処分方法

不用品回収

引っ越しなどで出た、ベッド・タンス・バッテリー・洗濯機・学習机・ソファー・布団など、どうやって処分すればいいのか戸惑ってしまいますよね?

回の記事では、引っ越しや買い替えの際に出た、大物家具や大物家電などの粗大ゴミをどうやって処分することができるのか、ご紹介したいと思います。

大物家具・大物家電の処分方法

大物家具や大物家電を処分する方法はいくつかあります。

それは、料金を優先するか、それとも手間や時間を優先するかによって方法が異なります。

料金を優先する

多くの方は料金を優先したいという方が多いのではないでしょうか?

料金を優先したい方は次の方法で処分することができます。

自治体で回収してもらう

あなたがお住まいの市区町村が指定する粗大ゴミの処分方法を確認することです。

各市区町村のホームページには、捨てたいモノによって料金が細かく出ています。

自治体に依頼して粗大ゴミを回収してもらうための一般的な流れとしては以下のとおりです。

  1. 各自治体が設けている「粗大ゴミ受付センター」に電話やインターネットから申し込む
  2. 最寄りのスーパーやコンビニ等で、粗大ゴミ券やシールを購入
  3. 指定された場所・時間までに、粗大ゴミ券やシールを貼って置いておく
  4. 自治体に依頼された回収業者が回収する

もちろん、各自治体によって回収方法や流れが異なりますので、お住まいの地域のホームページで確認してください。

自治体の指定した処分場に持ち込む(自己搬入)

さらに料金を安くしたいのであれば、自治体が指定した処分場に持ち込むことによって、安く処理することができます。

粗大ごみを自己搬入する際の一般的な流れは次のとおりです。

  1. 粗大ゴミを車に乗せて、指定処分場に搬入する
  2. 車ごと重量を計測してもらう
  3. 指定された場所に移動し、自分で荷おろしする
  4. 再び車ごと重量を計測してもらう
  5. 重量に応じた料金を支払う

こちらも、各自治体によって搬入方法や流れが異なりますので、お住まいの地域のホームページで確認してください。また、自己搬入を実施していない自治体もあります。

処分できない粗大ゴミ

どの自治体も共通して、家電リサイクル法で定められた大型家電は、粗大ゴミとして処分することができません。

その家電とは、 エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機です。

これらを処分する場合は、対象となる製品を買った家電店や小売店に引き取りを依頼するか、または新しい製品を購入する際に引き取りを依頼する必要があります。

これらの家電を引き取ってもらうには、運搬料金とリサイクル料金が必要です。

運搬料金は家電量販店や小売店によって異なりますが、リサイクル料金は全国一律で決められています。なお、メーカー毎に料金が定められていますので、一般財団法人家電製品協会のホームページで詳細料金はご確認ください。

その他にも、車やバイクのバッテリーやタイヤは、ほとんどの自治体では回収していませんので、自動車販売店や修理工場などに持ち込んで処分してもらう必要があります。その場合は、廃バッテリー料や廃タイヤ料がかかります。

手間・時間を優先する

お金は少々かかってもいいから、とにかく早く処分したいという方は、不用品回収業者に依頼することによって、すべてまとめて処分してくれます。

自治体では回収してくれない、エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機、タイヤ、バッテリーなど、すべて一括で回収処分してくれますのでとにかく便利です。

当日対応してくれる業者さんもありますし、トラック一台分まとめて幾らで処分します、といった業者さんもいます。

ただし、悪徳回収業者にはくれぐれも注意してください。

悪徳回収業者に依頼してしまうと、無料で引き取りますと言いながら、トラックに積み込んだ後になってから高額な追加請求をされたりすることがあります。

ですから、不用品回収業者に依頼する場合は、自治体から認可された優良業者に依頼しなくてはなりません。

■関東エリアでは、不用品回収業者くまのて

■近畿エリアでは、オールサポート

上記の不用品回収業者ですと、回収前にちゃんと見積りを出してくれ、後から追加請求することはありませんので安心です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ベッド・タンス・バッテリー・洗濯機・学習机・ソファー・布団など大型家電や大型家具の処分についてご理解いただけたでしょうか?

料金を優先するなら、各自治体に回収してもらうことができますし、手間や時間を優先するなら優良の不用品回収業者に依頼することができるでしょう。

いずれにしても、粗大ゴミを処分する場合はルールを守り、正しい方法で処分するようにしましょう。